• TEL: 050-5215-0782
  • 台湾ピーナッツ屋のブログ

 21年11月14日「台湾産ピーナッツと台湾製造ピーナッツ」にて続報しています。

バターピーナッツ等、砂糖不使用のフライドピーナッツの輸入量
【スマホだと横にしないと表が全部入りません…】

輸出国
2018年
2019年
2020年
キロ単価
CIF
中  国39,091t
99.95%
38,339t
99.97%
37,836t
99.97%
244円
ブラジル6.7t
0.02%
5.6t
0.01%
5.6t
0.01%
451円
台  湾4.4t
0.01%
5.6t
0.01%
1,222円
米  国0.3t
0.00%
0.8t
0.00%
1,507円
スペイン0.5t
0.00%
0.5t
0.00%
872円
豪  州10.6t
0.03%
                                         財務省 貿易統計より

 南洋商会は2020年8月に台湾ピーナッツの輸入を始めたのですが、財務省貿易統計を調べたところ、以降21年8月までに日本に輸入された台湾製フライドピーナッツ(バターピーナッツ等、砂糖不使用)は全量が弊社が輸入したものです(したがって、弊社が輸入したもの以外の同種の台湾製ピーナッツは日本国内で流通していないハズ、なのであります)。

 初回輸入時に、税関より「(high range)価格異常」につき説明を求められたのですが、昨年1年間通して中国製が平均244円/キロであるのに対し、弊社の台湾ピーナッツは平均1,222円/キロと5倍の価格だったので、当然だったと言えます(CIFには運賃も含まれるので、現地で買い付けた価格に5倍の差があるか、というとそうではありません。弊社はまだ輸入量が少なく、混載コンテナで輸入するので、どうしても運賃の比率が高くなってしまいます)。

 その他の落花生(≒バターピーナッツ等、砂糖不使用のフライドピーナッツ)の輸入量の国別シェアでは、安価な中国製がほぼ100%(99.97%!)を占めるのですが、厳選された台湾落花生を使用した台湾土豆王(ガーリックおよび麻辣ピーナッツ)ならではの、しっとりとした歯ごたえも、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

財務省貿易統計・品別国別表「調整した落花生(砂糖を加えていないもの)(その他のもの)」(2020年12月および年間累計)検索結果


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA